Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、あいがぁ@八王子です。

今回は、八王子市散田町の「高宰神社(たかさいじんじゃ)」をお届けします!
20110220008
(使用カメラPanasonic LUMIX   DMC-G1)

散田町の万葉公園周辺シリーズが続いておりますが、
今回は、万葉公園に隣接する「高宰神社」です!

↓↓神社入り口の鳥居です。
石造りで歴史を感じさせる鳥居です。
20110220005

↓↓階段を登ると、これは手水舎でしょうか。
水はたたえられていませんが、この石に掘られた字の書体が、かなり独特です。
普段デザイン関連の仕事をやっているので、この辺ちょっと気になります(笑)
20110220000

↓↓さあ、高宰神社の正面です。威厳のある風格と、「高宰神社」と横に大きく
横断幕がはられているのが特徴ですね。
20110220007

↓↓そして、拝殿にある扁額に
これはまた、八王子の神社の中でも初めてみるパターンです!
先ほどの手水舎とも似た書体ですが、もうここまでくると
なんと書いてあるのか読めないくらいの達筆(?)ですね。
独特です。
もちろん、参拝させていただきます。
20110220004

では、ここで神社入り口に説明が掲載されている高宰神社の由来を記載しておきましょう。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
【高宰神社由来記】
八王子市散田町五丁目三十六番に鎮座する高宰神社は、日本史南北朝期の終わり頃、
京より高貴な御方が、故あって、かたく氏名をかくし(恐らく南朝の公家と思われる)
現在の御所水の地に居住したことから始まります。逝去後、由比地区の
杉山峠に埋葬され、後山田村広園寺境内の一角に一祠を建立し、
小蔵主明神と号し、鎮座したのが当社の起源であり今より約6百年以前のことで
あります。

その後、何故か散田地区の古明神と言う処(現在のめじろ台4丁目)に移り、
降って正保慶安の頃更に、真覚寺境内に移しそこで高宰神社と命名し、
現在にいたったものであります。

当社は、霊験あらたかで、八王子が誇る千人同心部門の神として深く崇敬
され、千人町、散田町、並木町、山田町、めじろ台等の守護神であります。

高宰神社のご祭神は、按察使大納言、藤原信房卿と言われておりますが、
一説には、高倉宰相某とも言い、また明治元年神仏分離の達しがあり、明細
帳作成当時書出したものには、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)としてあるが
詳かではなく、現在では、藤原信房卿の説が最有力で、この説に定着して
いるようであります。

現在、神社登記簿には、神社は単に高宰の神となっております。
高宰とは、高貴な方の高(たか)と、宰(さい)、宰相とか言われる大臣クラスの
ことと思われ、尊貴両者を取り入れ、高宰神社の社ができたものと思料されます。

高宰の神が在世中の地を、御所水の地と言い、清水の湧き出していた処から
「御所水の神」と言われたのは、当時朝廷以外には御所の名は使用されなかった
こと等思い合わせると、余程高貴な方を思わせるものがあります。

(昭和六十一年八月 総代記す)
------------------------------------------------------------------------------------------------------


↓↓境内には「田の神」と書かれた石碑と石像が建立されていました。
「田の神」は文字通り田を守り豊作をもたらす神様で
この塔は九州南部に多く、その他わずかに各地に点在しているらしいです。
そういう意味だとこの辺ではめずらしい石像ではないでしょうか。
20110220001

↓↓阿修羅様のような石像も、田の神の石像の隣にありました。
20110220002

↓↓そして、境内には、また多くの小さな祠がありました。
20110220003

↓↓赤いお屋根の神楽殿もあります。
その向こうには、これまた赤い真覚寺の観音堂が見えます。
この2つの建物の間から右手に向かって、万葉公園へ登る道が続いているのです。
20110220006

歴史ある、
そして、いわれある
「高宰神社」

めずらしい扁額の字もおがめ、
大変雰囲気も素晴らしい神社でした。



◆散田町の「万葉公園」北西側、高宰神社

【住所】
東京都八王子市散田町5丁目36

【ご祭神】
高宰の神
藤原信房卿(推定)

【地図】

大きな地図で見る




それでは今回はこの辺で!



 【ランキング参加中・クリックご協力お願いします(_ _)】
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
にほんブログ村 

 
人気ブログランキングへ←クリックご協力ありがとうございます。




(広告)
「八王子」「散田町」のホームページ制作は「デザインシンフォニー」にご用命ください。