Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、あいがぁ@八王子です。

今回は、八王子市明神町の「子安神社」をお届けします!
P1070685
(使用カメラPanasonic LUMIX   DMC-G1)

このブログで、八王子の数々の神社をとりあげてきましたが、
今回は記念となる、100社目の神社です。

100社目は以前から八王子八十八景の1つでもある、ここ子安神社にしようと、決めていたので
ようやく叶ったな~と、実感、実感!嬉しいものがあります。

そして八王子の中でも、歴史と名のある素晴らしい神社だと思います。


八王子八十八景は八王子の顔にふさわしい景観を選定しようと八王子市が平成12年度に選定事業に取り組み、市民投票などを経て平成13年11月に「みどり・公園の景」「水辺の景」「歴史・文化の景」「まつり・行事の景」「建築物の景」「みち・まちかどの景」の6種類に分類のうえ選定したものになります。

八王子市のホームページからパンフレットがダウンロードできますよ!

さて
子安神社は、天平宝字3年(759)淳仁天皇の皇后の安産のために創建されたと伝えられている
そうです。

↓↓場所は、京王八王子から北西の方角に徒歩数分、
9月の例祭日に、泣き相撲が開催されることでもよく知られている子安神社です。
白い鳥居に、大きな御神木、横には会館と、奥に社殿が垣間見えます。
P1070641

↓↓入り口のほうから、順番に辿っていきたいと思います。
左手には神楽殿がまず、目に入ってきます。
P1070622

↓↓拝殿の手前右側には池に通じる鳥居や、石碑、会館の渡り廊下などが
目に入ってきます。
この石碑には「湧き出づる湧水と産みの安らかに  誉子」と書かれています。
P1070619
案内板には次のように書かれていました。
--------------------------------------------------------------------------------
安産と句碑
子授け安産の社は別名水の社といわれています。
この地も古くから清らかな湧水の地でした。

古来こんこんと湧き出る神池の真清水を「底抜け柄杓」で汲めば
必ず安産出切るという神徳を称えた山口誉子の句碑です
--------------------------------------------------------------------------------

↓↓先の鳥居をくぐり池のほうに降りてみると、厳島神社が鎮座していました。
P1070639

案内板には
--------------------------------------------------------------------------------
芸能の神
昔より芸能の神として崇められており以前は三味線のバチ、琴の爪・舞扇等を納めた。
かつて境内には白蛇が棲み弁天様の化身と言われた。(後略)
--------------------------------------------------------------------------------
とあります。
きっと、八王子の舞妓さんなんかは、こちらに参拝にこられるのかな?
とちょっと思ってしまいました。


↓↓拝殿の手前には手水舎があります。
P1070624

↓↓きれいな清水が滾々と湛えられた手水舎って、やっぱり嬉しいものがありますね。
きちんとお清めをいたします。
P1070684

↓↓左から、拝殿、神水殿、金比羅神社と並んでいる光景が、壮観なものがあります。
P1070676

↓↓まずは、神水殿から見てみましょう。
子安の大神 木花咲耶姫命像(このはなさくやひめのみこと)像と説明版にあります。
子安神社には数多くの神様が祀られていますが、最初に祀られた神様(主祭神)が
木花咲耶姫命なのだそうです。
P1070621

↓↓こちらが、ご神像です。
ところで、木花咲耶姫命は、子授けの神様でもあるし、
浅間神社などで、富士山を神格化した神様としても祭られている、ちょっと不思議な
神様ですね。
P1070677

↓↓拝殿もとても立派です。
うちもよくお世話になるのですが、七五三の時には、この拝殿の中でご祈祷を受けられます。
P1070681

↓↓では、金比羅神社の鳥居をくぐって奥に進んでいきましょう。
P1070626

↓↓大きな門構えと、上には「金比羅神社」と書かれた扁額が見られます。
金比羅神社はこの回廊を通り抜けた、境内の一番奥に鎮座しています。
P1070680
案内板には以下のとおり書かれていました。
--------------------------------------------------------------------------------
境内末社 金比羅神社
祭神 大物主命

金比羅様の名称で庶民に親しまれる当社の御祭神は別名
大黒様の愛称をもつ大国主命とか大巳貴命又は、やちほこのかみ等と
沢山の名前を持たれ特に当社は寛政九年の勧請以来、厄除開運商売繫昌に
霊顕あらたかな神として尊崇されてまいりました。
--------------------------------------------------------------------------------


↓↓回廊を通り抜けて奥に進むと、そこにはさらに
石神社、白山社、稲荷神社、御嶽神社、第六天神社の5社の末社があります。
それぞれ、咳止めの神、歯の神、生業・商売の神、目の神、足腰膝の神
として、祭られています。
P1070628

↓↓葦船社です。ご祭神は、日留子命とのこと。
P1070635

↓↓そして、大黒神とかかれた紅白のこちらが、子安神社の摂社、金比羅神社です。
P1070634

由緒としては、
寛政9年(1797)、八王子の横山宿に住む紀伊の字屋杢代安太郎という者が
讃岐の金刀比羅宮より御分霊を受け、自宅の蔵に奉斎した。
ところが非常に霊験あらたかであることから自宅に祀ることを畏れ、
子安神社の境内に遷座した
といわれているそうです。


たくさんの神々が祭られている子安神社、
最初は安産の神社としての認識しかなかったのですが、
このようにして見て行くと、
芸能の神様や、健康や商売繁盛の神様など
たくさんの神様が鎮座している神社だということが分かりました。


八王子の神社めぐり100社目にふさわしい、神社でした!
また、娘の七五三のおりには、お世話になりたいと思います!



◆明神町の「子安神社」

【公式ウェブサイト】
子安神社公式ホームページ

【住所】
東京都八王子市明神町4-10-3

【ご祭神】
木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
素盞嗚尊(すさのおのみこと)
大山咋命(おおやまくいのみこと)
奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)

【地図】

大きな地図で見る





◆私、「あいがぁ@八王子」が訪れた八王子八十八景リスト

こちらをご覧ください!




それでは今回はこの辺で!



 【ランキング参加中・クリックご協力お願いします(_ _)】
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
にほんブログ村 

 
人気ブログランキングへ←クリックご協力ありがとうございます。




(広告)
「八王子」「明神町」「神社」のホームページ制作は「デザインシンフォニー」にご用命ください。