Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、あいがぁ@八王子です。

「全7回高尾の旅」シリーズ第四回目の今回は、前回の
高尾山のスギ並木に引き続き、「高尾山薬王院」をお届けします
20100707007




















高尾山薬王院は高尾山杉並木からは、もう目と鼻の先にあります。
正式名称は「高尾山薬王院有喜寺」といいます。

高尾山薬王院の公式ホームページ(引用)によると

”天平16年(744)に、聖武天皇の勅令により東国鎮守の祈願寺として、高僧行基菩薩により開山されました。薬王院の名は創建当初、薬師如来をご本尊とした事に由来します。現在は真言宗智山派の大本山として「成田山新勝寺」「川崎大師平間寺」「高尾山薬王院」が三大本山として知られております”

とのこと。歴史そして由緒あるりっぱなお寺です。


↓↓高尾山杉並木から少し歩くと薬王院が見えてきました。
20100707015




















↓↓四天王持国天 悪魔の心をうちくだき、清らかな社会を守るとのこと。正義の味方です。
20100707016




















↓↓門をくぐると、早速目に入ってくるのは、高尾山の天狗2体。
この天狗像の前で、同じポーズで写真をとる若者が跡を絶ちません(笑)
20100707017




















↓↓手水舎もちゃんとあります。
20100707018




















↓↓八大龍王像は修復のためご不在でした。
20100707019



















↓↓良縁むすびのお社。女性に人気です。
20100707020



















↓↓お札授与所では、たくさんの人が賑わっています。
そういえば高尾山の交通安全ステッカーを車に張っている人は八王子近辺では
よくみかけます(笑)
20100707021




















↓↓さらに進みます。運開除厄と書かれた仁王門が見えてきました。
20100707022





















↓↓りっぱな仁王様です。
20100707023



















↓↓天狗像もありますゾウ!
20100707024




















↓↓そして門をくぐると見えてきました。薬王院ご本堂です!

20100707025



















↓↓もちろん、お線香をたきます。お香の香りは結構好きなんです。
健康を祈願しましょう。
20100707000




















↓↓ご本堂にひときわめだつ天狗の面
登山八十八周年記念と書かれてあります。
20100707001


















ところで、やたらと「八」という数字を目にします。
「八王子」「八十八景」「登山八十八周年」「山内八十八大師巡拝」(第6回で出てきます)
やっぱり、八王子ならではです!?


↓↓もう1つの天狗のお面、天狗というかカラスに近い天狗なのでしょうか。
20100707002




















↓↓飯縄大権現。存在感があります。
20100707003




















↓↓そして、ご本堂からさらに上のほうにはご本社へ続く階段が見えます。
20100707004




















↓↓階段を登ると赤い鳥居が
20100707006



















↓↓鳥居の手前、ふと両脇をみると、狛犬の像や、たくさんの立像が安置されていました。
20100707005



















↓↓到着しましたご本社です。りっぱな建物です。
20100707013



















説明板には
「江戸時代中期の社殿建築として組物・彫刻などに優秀な技術を見せている。すなわち当時の権現造りとしてまれに見る優秀なものである。昭和二十年八月に重要美術品に認定されている。」

とのこと。

↓↓りっぱな龍の彫り物です。
20100707008




















↓↓ご本社の横側には中国風の人物の彫り物が施されています。
20100707011




















↓↓ご本社の脇には稲荷神社もありました。
20100707010




















↓↓なんか、かっこいい天狗像
20100707009




















↓↓天狗は高尾の守り神です。
20100707014




















↓↓水がたたえられた、甕
20100707012




















↓↓裏手からご本社を見てみます。
表も横も裏も、全面彫刻が施されています。
20100707_02000




















↓↓そして、少し進むと
高尾山薬王院の奥院である高尾山不動堂がありました。
江戸時代初期の建造になります。
20100707_02002




















↓↓さらには富士浅間浅間社まであります。
20100707_02003




















↓↓浅間社のすぐ脇には修験根元道場と書かれた石像が。
20100707_02004




















↓↓いったいどんな修行が展開されているのでしょうか!?
20100707_02001




















シリーズ第四回の高尾山薬王院はこれで終了です。


さて、次回はいよいよ高尾山山頂を目指しますよ!


⇒【高尾山山頂を訪れる】◆八王子八十八景◆


◆高尾山薬王院

【住所】
東京都八王子市高尾町2177
電話 042-661-1115(代表)

【地図】

大きな地図で見る





◆私、「あいがぁ@八王子」が訪れた八王子八十八景リスト

こちらをご覧ください!



それでは今回はこの辺で!



 【ランキング参加中・クリックご協力お願いします(_ _)】
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
にほんブログ村 

 
人気ブログランキングへ←クリックご協力ありがとうございます。




(広告)
「八王子」「高尾町」のホームページ制作は「デザインシンフォニー」にご用命ください。