Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、あいがぁ@八王子です。

シリーズ「全6回高尾山から陣馬山縦走」
第一回目に引き続き

第二回目は
高尾山薬王院を訪れます。
薬王院といえば、実は以前【高尾山薬王院を訪問する】という記事を
書いたときに訪れています・・・が、
その時には薬王院ご本社にある
神社についてはあまりとりあげなかったので、
陣馬山縦走の安全祈願も兼ねてちょっと寄ってみたのです。

↓↓そんなわけで、第二回目は高尾山の手前薬王院になります。
takao-m2

























↓↓薬王院ご本社のすぐ左わきにある神社です。
神社と鳥居が垂直方向に2社あるのが目に入ってきます。

お寺の敷地内に神社があるパターンは目にすることがありますが、
複数の神社があるのは初めてみました。
これも薬王院ならではと言ったところでしょうか。
20100909001












(使用カメラPanasonic LUMIX  DMC-G1)

ちなみに
ネット上に薬王院の記事はたくさん出ていますが、薬王院の神社だけをスポットしたものは、めったにないと思います(笑)

↓↓まずは、正面から福徳稲荷です。
”福徳”という名称がなんだかご利益がありそうですね!
20100909002



















↓↓稲荷神社だけに赤い社殿です。稲荷像もありますね。
商売繁盛の神様なのですが今日のところは登山の安全を祈願します。
20100909003


















こちらの記事”によると、このお稲荷さんは基本的に寺院に祀られている女神ダキニ天をご祭神にしているそうです。

↓↓そして、福徳稲荷神社と垂直方向に鎮座する、
「飯縄大権現」(いづなだいごんげん)の神社です。
20100909004




















↓↓鳥居にある石の扁額には
「飯縄大権現」とあわせて大天狗、小天狗と書かれてあります。
「飯縄大権現」といえば、薬王院の御本尊であり、不動明王の仮の姿として衆生を救済する徳を備えた仏神だそうです。
こちらの社殿は以前訪れた際は工事中でしたが、ピカピカに新しくリニューアルされていました。
20100909005




















↓↓社殿をよく見てみると金縁に木製の扁額にも
「飯縄大権現」の文字があります。
「飯縄大権現」はもとは平安時代の長野県飯縄山上(現在の飯綱山)に奉られた飯縄権現を原点とし、高尾山では永和元年(1375年)京都の高僧が入山して琵琶滝で修行し、「飯縄大権現」の霊神を感得したのが始まりだとか。
20100909006

















また八王子城主北条氏照も武田軍と戦の中、馬上から振り返り高尾山の「飯縄大権現」に武運を祈ったとも伝えられているそうです!
(詳しくはコチラの記事参照


↓↓「飯縄大権現」社殿の隣には小さいお社があります。
こちらが小天狗のお社でしょうか?
天狗の下駄がたくさんかざってあります。
20100909000



















さて

高尾山~陣馬山縦走に向けての
登山の安全祈願は十分にすることができました。

さあ、
次回からいよいよ満を持して高尾山頂より先に足を進めます!
レッツゴー陣馬山!!


【特集:高尾山から陣馬山を縦走する|第三回 一丁平】◆八王子八十八景◆はこちら!


◆高尾町の薬王院

【住所】
東京八王子市高尾町

【地図】

大きな地図で見る






それでは今回はこの辺で!



 【ランキング参加中・クリックご協力お願いします(_ _)】
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
にほんブログ村 

 
人気ブログランキングへ←クリックご協力ありがとうございます。




(広告)
「八王子」のホームページ制作は「デザインシンフォニー」にご用命ください。